女がけつ毛処理する方法はガムテープじゃダメ?

ケツ毛がぼうぼうだし剛毛なのが悩みの種でした。小さめの下着や水着を着ようものなら、毛が浮き出て見えたりはみ出すような有様。

かといって脱毛サロンに行くのは恥ずかしすぎるので、二の足を踏んでいたんですが、今はすっかり毛量が落ちつきました。


小雨の下着をはいても毛が飛び出るうようなことはありません。実際に鏡で見たわけじゃないけれど、触った感じは細くて短い産毛がある程度です。

痛みをこらえてガムテープで一気にはがそうか?と散々迷ったんですが、そんな手荒な真似をせずに済んで本当に良かったです。


私がどんなやり方でケツ毛の自己処理をしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■ガムテープを使うとどうなる?

10代のころは、お金もなかったのですね毛をガムテープでビリ!と一網打尽にしたことがありました。ケツ毛も同じやり方で脱毛しようか?と迷いましたが、痛みがひどいんですよね。

すねであれだけ痛いんですから、お尻だと痛みがどれくらい強くなるかわかりません。何より怖いのは肌荒れです。



デリケートゾーンの肌って極端に敏感らしく、ガムテープみたいな荒っぽいことをしたら、荒れてしまって腫れたりかゆくなるのが不安でした。

ガムテープを使うなら、他の手段を考えて試してみて、それでもダメだった場合の最終手段として残しておくことにしました。


■除毛クリームなら良いの?

ガムテープじゃなくて除毛クリームを使うことも考えました。けれども、除毛クリームの成分ってデリケートゾーンには刺激が強すぎるんですよね。

ガムテープ以上に肌へ負担をかけてしまうので、除毛クリームという選択肢はなし。その代わりに試してみたのが抑毛クリームなんです。

抑毛クリームは完全にけがなくなるわけじゃないものの、毛根の働きをさえぎって毛を細くしたり抜けやすくしてくれるんです。


■けつ毛を自己処理するならこれ

私がケツ毛をきれいにすることができたのは、パイナップル豆乳ローションという抑毛クリームを使ったおかげです。

パイナップル豆乳ローションに含まれるパイナップルの成分(タンパク質分解酵素)と大豆の成分(イソフラボン)が毛根の働きを効果的に抑えてくれるというものです。



パイナップル豆乳ローションは肌に負担をかけない低刺激成分のみで構成されているので、除毛クリームとは違ってケツ毛を含めてVIOライン全てに使えます。

1日1回風呂上りに塗るだけだというし、返金保証もついていたので、試しに塗り始めたんですが、1ヶ月ほどで確かに毛を触った感じが弱々しくなっていました。

その後も使い続けていたら、細くて短い毛がわずかに触れる程度になりました。何よりも、お尻の穴の周りを触った感じが、驚くほどつるつるになったんです。

パイナップル豆乳ローションは化粧水としても優秀で、すね毛や腕などにも使ったところ、毛の量がうんと減って上に、肌がもっちりスベスベになったんです。



ケツ毛を目立たなくしてくれただけじゃなくて肌の調子も改善してくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓







けつ毛処理はエステ脱毛も検討してみては?

ケツ毛をてっとり早く目立たなくしたい!というのであれば、脱毛サロンでOライン脱毛を受けるという選択肢もあります。


「脱毛するのは恥ずかしいし気が引けるし、お金もかかりそうだから不安」


と思っているかもしれませんが、恥ずかしさは確かにあるとは思います。けれども、施術をしてもらうエステティシャンは、何人ものOライン処理をしているので、ぶっちゃけ、何も考えずに淡々と処理をしてくれます。
施術中もお尻を丸出しにするわけじゃなくて、脱毛する部位だけが露出するように隠しながら進めていくので、思っていたほど恥ずかしくはないはずです。

痛みも確かにあるにはありますが、事前に痛みを和らげる措置を済ませます。皮膚感覚をだますために冷却効果のあるクリームを塗ったり、ガスを吹きかけたりして、痛みを強く感じないようにしてくれるんです。
施術がすべて終わるまでに数回は通い続ける必要があるものの、脱毛してもらうたびにうんとケツ毛は減っていくし、脱毛後は、薄い状態をしばらくキープできます。この時にパイナップル豆乳ローションを使うことで、脱毛校をより高めることもできますよ。

気になる料金の方はというと、初回キャンペーンを利用すれば1000円とか2000円で済ませることができます。以前は、無理な勧誘が問題となっていましたが、現在は、クレームが消費者庁に伝わると厄介なことになるので、どのサロンもしつこく勧誘されることがなくなりました。
たいていは駅前にお店を構えているので通いやすいですし、ぱっと見るだけでは脱毛サロンかどうかなんてわからないつくりになっているので、安心して脱毛できる環境になっていますよ。



脱毛するなら脱毛ラボがオススメ!いろんな部位を選ぶことができて、月額3000円程度の料金で脱毛をお試しできますよ。
↓↓↓








けつ毛処理するならパイナップル豆乳ローション

抑毛ローションはパイナップル豆乳ローション以外にもいろんな種類があるんですが、いくつかの条件に沿って考えるとパイナップル豆乳ローションを選ぶのが無難です。
抑毛ローションは基本的にイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分の効果で毛の量が減るんですが、実は個人差が結構大きいんです。

イソフラボンにも何千種類もあるので、その人の体質に合うもの・合わないものがあるものの、パイナップル豆乳ローションは2種類のイソフラボンで相乗効果を生み出しています。
個人差を極力減らすことに成功していてなおかつ、肌へ浸透力も強化されています。手に取った分がもれなく肌にしみ込むので、より効率よくムダ毛を抑えてくれるんです。


イソフラボンにはまた、女性ホルモンによって得られる美容効果だって期待できます。女性らしい体作り・肌作りに効果を発揮してくれるんです。
男性ホルモンの影響が強すぎる場合、皮脂腺が刺激されてしまい、通常よりも皮脂分泌が多くなります。その結果、毛穴詰まりが起こりやすくなり、吹き出物や黒ずみなんかの原因となってしまいます。

パイナップル豆乳ローションでイソフラボンを供給していれば、男性ホルモンの影響をキャンセルすることができます。皮脂分泌を抑えて肌の調子が崩れるのを防いでくれます。
皮脂を適度な量に保つことができれば、肌がごわついたり硬くなるのも防ぐことができます。Oライン周辺のお尻の肌がかぶれたり、ザラザラになるのを防いでくれますよ。

効果がどれだけ強く現れるのかは、肌質によってかなり変わってきてしまうものの、肌の張りがアップすることで、たるんだお尻をきゅっと引き締めるヒップアップ効果だって期待できます。